TOP > Site map > about FETCo. > about author

海に願いを

誰だって「自分」が一番大事。
それは至極当然の事。決して恥じる事じゃない。

でも、忘れないでください。
それは、あなた一人だけじゃない。
あなたの対岸に座るその人にとっても、
守らなければならないものが自分自身かも知れない、という事。


 ジョン・レノンの有名な曲に『イマジン』があります。
「想像してみよう」と歌い出されるその曲は反戦の歌だと言われ、戦時中には世界各国で放送が自粛されてしまう曲です。
 とても美しい、優しい曲なのに。

 それは戦争という物が、どんな大義名分を振り翳しても、正義の為と謳っても、所詮、大量殺戮を生み出す場に過ぎないからではないでしょうか。
 優しさに目を瞑らなくては行えないような、そんな物だからではないでしょうか。

 私は戦記を書きます。たくさんの人の死を描いて来たし、これからもまた、描き続けていくでしょう。
 そんな私が言うのは、偽善かも知れません。けれど、私は心から願わずにいられないのです。
 世界から、戦火が消える日を。

 世界は毎日、悲しいニュースに溢れています。戦争、テロ、残虐な事件……。
 想像してみてください。
 あなたの大切な人が、そういった悲しい事件に巻き込まれる事。失った時に感じる、やりきれない、途方もない悲しみを。
 仕返しをしたくなるかも知れません。仇を討ちたくなるかも知れません。
 けれどそこでもう一度、思いを巡らせてみてください。
 あなたが復讐しようとする、そこにいる「誰か」にも、大切な人がいるかも知れない、という事を。

 殴られ続けろ、とは言いません。黙って引き下がれとも言えません。
 だけど、けれど。
 ほんの少し想像してみる事で変わる事があるかも知れないと、そう思ってみるのは甘いでしょうか。

 誰だって、殴られたら痛いのです。乱暴な仕打ちを受けたら悲しいし、逆に、優しくされたら嬉しくなるのです。
 そんな簡単な想像を、私達はいつから出来なくなってしまったのでしょう。

 小さきは道を譲る事から、大きくは戦争まで。
 皆が皆、相手を思いやり、少しの想像をする事が出来たなら、世界はもう少し、優しくなれるような気がします。
 私が言うのは、単なる理想論かも知れません。絵空事かも知れません。
 それでも願わずにいられないのは、少しでも理想に近づいたなら、どんなに素晴らしいだろうと思うから。

 私は世界の隅っこから、たとえ小さな声でも言い続けます。「戦争反対。テロにも、報復攻撃にも反対します」と。
 巡り来る新しい時代、世界が優しいものであるように。

2002.10.14 葉月昂/鬼野三角 拝

 このページはMoon Gardenさんの呼びかけ「テロにも、報復攻撃にも反対します」に賛同して2001年10月18日に作成、後に改訂したものです。

Graphics:Wayside Angel

TOP < Site map < about FETCo.